借金脱出プロジェクト

借りては返しての繰り返しから抜け出しませんか?

債務整理した人が2回目の債務整理を行うことはできる?

債務整理をしたものの、返済が苦しくなったり再び借金をしたりして、2回目の債務整理が必要となる人はいます。

2回目の債務整理は、1回目の債務整理と2回目の債務整理にそれぞれどの手続きを選ぶかによって、難しさが変わってきます。

ここでは、1回目が任意整理だった場合と、1回目が個人再生や自己破産だった場合とに分けて説明していきます。

任意整理の後に2回目の債務整理をする場合

任意整理後に2回目の任意整理をする場合、1回目と別の会社を対象にするのであれば、特に問題はありません。

しかし、同じ会社を対象として2回目の任意整理をする場合、既に利息はカットされているので返済額は減りません。2回目の任意整理は、返済期間を延ばすことで毎月の返済額を減らしてもらい、きちんと返済できるようにすることが目的となります。

一方、任意整理後に支払いが苦しくなって、個人再生や自己破産といったより借金減額効果の大きい債務整理を行うケースは珍しくありません。

1回目の債務整理が任意整理であれば、個人再生や自己破産に移行することには何の問題もないので、任意整理の支払いが厳しくなったら個人再生や自己破産を検討したほうがよいでしょう。

個人再生や自己破産の後に2回目の債務整理をする場合

個人再生や自己破産の後に債務整理を行う場合、2回目の債務整理が任意整理であれば、特に差し支えることはありません。

しかし、2回目に行う債務整理が個人再生や自己破産になる場合は、1回目の債務整理から7年以上が過ぎていなければならないという決まりがあります。

また、個人再生や自己破産は2回目になると会社側や裁判所の目が厳しくなり、認めてもらえない可能性も高くなります。

個人再生や自己破産を既に行っている人が2回目の債務整理を検討する場合、弁護士や司法書士とよく相談して方針を決めたほうがよいでしょう。

まとめ

任意整理の後で2回目の任意整理を行う場合、1回目と違う会社であれば問題ありませんが、同じ会社の場合は借金額が減ることはなく、返済期間の調整のみとなります。

任意整理の後で個人再生や自己破産を行うぶんには何も問題がないので、任意整理後に返済が苦しくなったら個人再生や自己破産を検討すべきだといえます。

個人再生や自己破産の後で2回目の債務整理を行う場合、任意整理なら特に差し支えはありません。

しかし、2回目の債務整理が個人再生や自己破産となる場合は、1回目から7年以上が経過していなければならず、認めてもらえない可能性も高くなるので、慎重に検討する必要があります。

コメントは受け付けていません。