借金脱出プロジェクト

借りては返しての繰り返しから抜け出しませんか?

銀行の借金を債務整理するときの3つのポイント

| 0件のコメント

銀行では住宅ローンや自動車ローンなどの低金利ローンが利用できるのに加えて、カードローンで気軽に借金をすることも可能です。

銀行からの借金が返せなくなってしまったら債務整理することができますが、やり方によっては銀行口座が凍結されてしまいます。

ここでは、銀行の借金を債務整理するときに知っておくといい3つのポイントを解説していきます。

銀行のローンやカードローンは債務整理できる

銀行が提供している住宅ローンや自動車ローンなどのローンや、「スターカードローン」「バンクイック」「三井住友カードローン」といった銀行カードローンは、支払いが苦しくなったら債務整理することができます。

銀行のローンやカードローンも借金の一種なので、任意整理・個人再生・自己破産といった債務整理の対象にすることができるのです。

銀行の借金を債務整理すると口座が凍結される

銀行のローンやカードローンを債務整理の対象に入れた場合、銀行口座が凍結されて使えなくなります。

特に、個人再生や自己破産は裁判所を通す法的な手続きとなるため、銀行からの借金のみ対象から外すということができません。

つまり、銀行から借金がある状態で個人再生や自己破産をすると、必然的に銀行口座が凍結されてしまうということです。

銀行口座が凍結されないように債務整理するには

銀行口座が凍結されないように債務整理したい場合、任意整理を選んで銀行のローンやカードローンを整理の対象から外す方法があります。

任意整理は会社側との任意の交渉なので、どの借金を整理の対象とするか自分で決めることができます。

銀行のローンやカードローンだけ任意整理せず、他の借金を任意整理することで、口座の凍結を防ぐことができるのです。

債務整理後も銀行口座の開設はできる

債務整理の後は一定期間いわゆる「ブラックリスト」に載りますが、ブラックリスト中でも銀行口座を開設することはできます。

ただし、債務整理の対象とした銀行の口座は作れないことがほとんどなので、他の銀行を選んで口座を開設したほうが確実です。

まとめ

銀行のローンやカードローンは債務整理することが可能ですが、個人再生や自己破産だと銀行口座が凍結されて使えなくなります。

一方、銀行からの借金を対象から外して任意整理をすれば、銀行口座が凍結されることなく借金を整理できます。

債務整理後も銀行口座を開設することは可能ですが、銀行からの借金を整理の対象とした場合、その銀行の口座は作れなくなるので、他の銀行で口座を開くとよいでしょう。

コメントを残す

必須欄は * がついています