借金脱出プロジェクト

借りては返しての繰り返しから抜け出しませんか?

法テラスで債務整理!お金がない人の強い味方

| 0件のコメント

債務整理について調べていて、「法テラス」というのを見かけたことはありませんか?

法テラスを利用すると、お金がない人が費用を抑えて債務整理することが可能です。

ここでは法テラスについて簡単に説明したうえで、法テラスを利用できるのはどのような人か、実際に利用するときの流れはどんなものかをまとめていきます。

債務整理の相談ができる「法テラス」とは?

法テラスとは全国で簡単に法律的なサービスを受けられるように設立された国の機関で、正式名称を「日本司法支援センター」といいます。

法テラスでは、所得や資産があまりない人を対象として、無料で法律相談ができる「法律相談援助」や、弁護士・司法書士の費用を割安で立て替えてもらえる「代理援助」「書類作成援助」といったサービスを受けられる「民事法律扶助業務」が行われています。

法テラスでは様々な民事・刑事事件が扱われていて、債務整理の相談に来る人も多くいます。

法テラスで債務整理に関するサービスを受けるには

法テラスで債務整理に関するサービスを受けられるのは、月収と財産が一定額以下の人に限られています。

月収の基準は住んでいる地域と世帯の人数によって異なり、目安として一人暮らしをしている人なら月収約18万円以下(東京・大阪などの大都市に住んでいる人は月収約20万円以下)の人が対象となります。

また、現金・預金・有価証券・自宅以外の不動産などの財産については、目安として独り暮らしの人なら合計180万円以下の人が対象です。

法テラスで債務整理を申し込む流れ

法テラスではまず無料法律相談に申し込むことになりますが、その際は月収と財産の金額を証明するために、収入を証明できる書類(給与明細、源泉徴収票、課税・非課税証明書、生活保護受給証明書など)が必要となります。

また、本籍地を記載した住民票などの書類も提出します。

無料法律相談の後は、法テラスが定める審査に通過すると、代理援助・書類作成援助で弁護士・司法書士費用を立て替えてもらえます。

立て替えてもらった費用は、毎月分割で返済していくことになります。

まとめ

法テラスでは、無料で法律相談ができる「法律相談援助」や、弁護士・司法書士費用を割安で立て替えてもらえる「代理援助」「書類作成援助」といったサービスを利用して債務整理ができます。

法テラスで債務整理ができるのは、収入と財産が一定額以下の人のみです。申し込みをするときは、収入がわかる書類や住民票などの書類を用意しましょう。

審査に通過すると債務整理の費用を立て替えてもらえますが、そのお金は毎月分割払いで支払うことになります。

コメントを残す

必須欄は * がついています