借金脱出プロジェクト

借りては返しての繰り返しから抜け出しませんか?

債務整理後は住宅ローンが組めない!いつから組めるようになる?

債務整理をするとブラックリストに載るので住宅ローンが組めなくなる、という話は聞いたことがあるのではないでしょうか。

「今は借金を抱えているけれども借金問題を片付けたら家を買いたい」と思っている人にとって、債務整理すると住宅ローンにどんな影響があるのかは気になるところですよね。

ここでは、債務整理後すると住宅ローンが組めなくなる仕組みや、債務整理後はいつから住宅ローンが組めるようになるのかを説明していきます。

債務整理すると住宅ローンが組めなくなるのはなぜ?

債務整理をすると、ローン会社などが加盟している「信用情報機関」に情報が登録されて、いわゆる「ブラックリスト」の状態になります。

信用情報機関に加盟している会社は登録された債務整理の情報を見ることができるので、どこの会社で住宅ローンを組もうとしても、ブラックリスト中は審査に落ちてしまいます

しかし、ブラックリストは永久に続くものではありません。

信用情報機関に登録された情報は、任意整理の場合は約5個人再生や自己破産の場合は約510が経つと削除されます。

債務整理の情報が削除されてブラックリストが解除されると、債務整理前と同じように住宅ローンを利用できるようになるのです。

債務整理後はいつから住宅ローンが組めるようになる?

上述のとおり、ブラックリスト状態は任意整理なら約5年、個人再生や自己破産なら約510年の期間が経てば解除されますが、解除された際に通知などは特に来ません。

ブラックリストが解除されているのかどうかは、自分で信用情報機関に問い合わせをして確認しなければならないのです。

信用情報機関にはJICCCICJBAKSC3種類があり、JBAは郵便のみ、JICCCICは郵便・インターネット・窓口で信用情報の開示請求を受け付けています。

確実に住宅ローンの審査に通りたい場合は、3つの信用情報機関それぞれに信用情報の開示請求をして、ブラックリストが解除されていることを確認してからローンの申し込みをしてください

まとめ

債務整理をすると信用情報機関に情報が登録されてブラックリスト状態になり、どこの会社で住宅ローンを申し込んでも審査に落ちるようになります。

ブラックリストが解除されるのは、任意整理なら約5年後、個人再生や自己破産なら約510年後です。

ブラックリストが解除されても通知などは来ないので、確実に住宅ローンを組みたい場合は、JICCCICJBAKSC)に信用情報の開示請求をして、ブラックリストが解除されているのを確認してから申し込みを行ってください。

コメントは受け付けていません。