借金脱出プロジェクト

借りては返しての繰り返しから抜け出しませんか?

債務整理ではなぜ委任状が必要?書式はどうすればいい?

債務整理をするときは必ず委任状が必要になるという話は聞いたことがあると思いますが、委任状が何のために必要なのかは知らない人も多いようです。

ここでは、債務整理をするうえで委任状がなぜ必要になるのかを説明したうえで、委任状の書式についてもふれていきます。

債務整理ではなぜ委任状が必要?

弁護士や司法書士に依頼して債務整理を行う場合、あなたの代わりに弁護士や司法書士が様々な手続きや交渉などを行うことになります。

弁護士や司法書士であっても、委任状がなければ正式に代理人となることはできません

例えば、債務整理では弁護士や司法書士がお金を借りた会社に取引履歴の開示請求を行って借金の情報を教えてもらいますが、これも委任状がなければ本人以外は行うことができない手続きです。

また、任意整理で行う会社側との交渉や、個人再生・自己破産で行う裁判所への申し立てなど、委任状をもらっていなければできないことは他にもいろいろあります。

債務整理で必要な委任状の書式はどうすればいい?

委任状の書式は特に決められているわけではありませんが、以下のような項目は必ず明記する必要があります。

・日付

・本人(委任者)の氏名と住所

・弁護士や司法書士(受任者)の氏名と所属している弁護士会・司法書士会の名称

・任意整理の相手方または個人再生や自己破産を行う裁判所の名称

・委任事項(代理人として行うことを許可する行為の一覧)

委任状の書式は法律事務所で用意してもらえるので、実際に委任状を作成する際には、委任事項を確認して日付とあなたの氏名・住所を記入し、印鑑を押せば大丈夫です。

まとめ

債務整理では、弁護士や司法書士にあなたの代理人としてほとんどの手続きを行ってもらうことになります。

委任状は弁護士や司法書士を法律上認められた正式な代理人として債務整理の手続きを行ってもらうために必要不可欠な書類です。

委任状には、日付、あなたの氏名と住所、弁護士や司法書士の氏名と弁護士会や司法書士会の名称、任意整理の相手方または個人再生・自己破産を行う裁判所の名称、委任事項といった項目を明記する必要があります。

実際には委任状の書式は法律事務所で用意してもらえるので、委任事項を確認して日付と住所氏名を記入し、印鑑を押せばOKです。

静岡で一押しの債務整理に強い司法書士事務所はこちら

コメントは受け付けていません。