借金脱出プロジェクト

借りては返しての繰り返しから抜け出しませんか?

持ち家がある人が債務整理する前に読む3つのポイント

持ち家がある人でも、借金の返済に苦しんで債務整理を検討することはあるでしょう。

しかし、やり方に気を付けないと債務整理で持ち家を手放すことになってしまいます。

ここでは、持ち家がある人が債務整理をする前に知っておいたほうがいい知識を3つのポイントに分けて説明していきます。

任意整理は持ち家に影響の出ない債務整理

任意整理と持っている財産は特に関係がないため、任意整理をしたからといって持ち家が処分されることにはなりません。

持ち家が処分されるとしたら完済していない住宅ローンを任意整理の対象としたときのみですが、任意整理はお金を借りた会社と任意で行う交渉であるため、整理の対象とする借金を自由に選ぶことができます。

つまり、完済前の住宅ローンを任意整理の対象から外してしまえば、持ち家に何の影響もなく任意整理できるというわけです。

なお、任意整理では利息を0円にしてもらえますが、元本は減額されません。完済前の住宅ローンがある人の場合は、個人再生の「住宅ローン特則」を使った方が得である場合が多いです。

ローン完済前の持ち家を残して債務整理するなら個人再生

住宅ローン完済前の持ち家がある人の場合、「住宅ローン特則」という制度を利用すれば、持ち家を残したまま個人再生することが可能です。

住宅ローン特則は、本人の所有物であり(親などとの共有でもOK)、本人が今住んでいる家の購入や建築に必要となったローンにのみ使えます。

ローン完済後の持ち家がある人が債務整理する場合

自己破産をすると財産が処分されることになるため、ローンが完済しているかどうかを問わず、持ち家は手放さなければなりません。

また、個人再生では財産の総額までしか借金が減額されないため、ローン完済後の持ち家がある人だと、個人再生しても借金を減額してもらえないことがあります。例えば、持ち家の価値が1000万円なら、借金の元本が1000万円未満になることはないのです。

こうした点から考えると、ローン完済後の持ち家がある人は任意整理を最優先で検討するのが賢い選択肢だといえます。

まとめ

任意整理の場合、ローン完済後の持ち家には何の影響もありませんし、完済前の持ち家なら住宅ローンを対象から外すことで手元に残せます。

また、個人再生の住宅ローン特則という制度を利用すると、ローン完済前の持ち家を残したまま個人再生することが可能です。

なお、自己破産するとローンが完済しているかどうかにかかわらず、持ち家は手放すことになるので注意してください。

コメントは受け付けていません。