借金脱出プロジェクト

借りては返しての繰り返しから抜け出しませんか?

債務整理の必要書類を手続きの種類ごとに解説

| 0件のコメント

債務整理には、手続きの種類に応じて様々な必要書類があります。

この記事では、任意整理・個人再生・自己破産について、必要書類を詳しく説明していきます。

任意整理は最も必要書類が少ない債務整理

任意整理の必要書類には以下のようなものがあります。

・身分証明書(運転免許証、保険証など)
・印鑑
・住民票(本籍地を記載)
・クレジットカードや消費者金融のカード

債務整理ではお金を借りた会社のリストである「債権者一覧表」を作るため、借金に関する情報が載っている書類(契約書や取引明細書など)が残っていたら持参しましょう。

また、お金を借りた会社の名前・借りた金額・返済が残っている金額・借りた時期・最後に返済した日などをメモにまとめて持参すると作成がスムーズになります。

任意整理の場合は任意で預金通帳(Web通帳なら印刷したもの)を持参すると、より正確に家計の状況を把握してもらえます。

個人再生は必要書類が多いので注意

個人再生では、以下のような書類を作成する必要があります。

・申立書(本人の氏名・住所・連絡先など基本的な情報を記載)
・陳述書(職業・収入・家族関係などを記載)
・債権者一覧表
・家計表(家計の収支を所定の月数ぶん記載)
・財産目録(手持ちの財産があれば記載)

また、本人確認のために戸籍謄本と住民票、家計の収支を証明するために給与明細書・確定申告書・所得課税(非課税)証明書・年金通知書・同居人の給与明細を提出します。賃貸住宅に住んでいる人は賃貸借契約書や更新契約書、社宅の人は社宅証明書も必要です。

財産を持っている人は、不動産なら固定資産評価証明書、自動車なら車検証や登録事項証明書、退職金なら退職金見込額証明書、積立型保険なら保険証書と解約払戻金証明書も提出します。

借金をなくせる債務整理・自己破産の必要書類

自己破産の申し立てでは、申立書、陳述書(自己破産の理由や反省文などを記載)、家計収支表などを作成することになります。

また、個人再生の項目に記載した本人確認の書類や収入・支出に関する書類、居住地に関する書類、財産に関する書類なども必要になります。

まとめ

任意整理には、身分証明書・印鑑・住民票・クレジットカードや消費者金融のカードが必要です。また、債権者一覧表を作るために、借金の情報がわかる書類があれば持参しましょう。

個人再生では、申立書や陳述書など作成が必要なものが多数あるほか、家計の収支や財産について証明する書類なども添付する必要があります。

自己破産の必要書類も個人再生と似ていて、本人確認書類、収入や財産がわかる書類などを提出することになります。

コメントを残す

必須欄は * がついています