借金脱出プロジェクト

借りては返しての繰り返しから抜け出しませんか?

債務整理の郵便物が気になる人が読む3つのポイント

| 0件のコメント

借金問題を解決するうえで債務整理は有効な対策となりますが、債務整理中に郵便物が自宅に届いて借金のことが家族にバレるのが心配だという人は少なくありません。

実際には、法律事務所に債務整理を依頼すれば、借金の滞納が長引くよりバレるリスクをはるかに小さく抑えられます。

ここでは、債務整理に関する郵便物が気になる人に読んでもらいたい3つのポイントをまとめていきます。

債務整理を依頼すると郵便物が法律事務所宛になる

債務整理中は、任意整理ならお金を借りた会社から、個人再生や自己破産なら裁判所から郵便物が送られてきます。

しかし、弁護士や司法書士に債務整理を依頼すれば、債務整理に関する郵便物はすべて法律事務所宛になり、自宅へ郵送されてくることがなくなります。

ただし、弁護士や司法書士から本人に書類などを郵送する必要がある場合は、法律事務所から本人宛に郵便物が送られてくることになります。

バレないように債務整理の郵便物を受け取る方法

家族などにバレないように債務整理に関する郵便物を受け取りたい場合、最も確実なのは郵送してもらわず法律事務所で受け取る形です。

また、郵便局留めとして郵送してもらい、郵便局の窓口で受け取るという方法もありますが、断られるケースも少なくありません。

これ以外の方法としては、差出人名を法律事務所ではなく個人名にしてもらう方法があります。

債務整理せずに滞納すると督促の郵便物が届く

借金の返済が滞っているのに債務整理などの対応を行わずに放置していると、お金を借りた会社から自宅へ督促の郵便物が送られてきます。

それでも滞納を放置していると、借金の残高を一括請求する郵便物が届いたり、裁判所から訴状が送られてきたりします。

郵便物で借金のことが家族にバレると困る場合は、できるだけ早めに弁護士や司法書士に相談しましょう。

正式に債務整理を依頼する契約を結べば「受任通知」という通知がお金を借りた会社に送られ、督促の郵便物が一時的にストップするので、バレるリスクを低くできます。

まとめ

弁護士や司法書士に債務整理を依頼すると、お金を借りた会社や裁判所からの郵便物は自宅でなく法律事務所に届くようになります。

法律事務所から本人へ郵便物を送る必要がある場合、法律事務所で受け取る方法・郵便局留めにしてもらう方法・差出人名を個人名にして郵送してもらう方法があります。

債務整理をせずに滞納すると督促状などの郵便物が送られてくるので、バレたくない人は早めに法律事務所へ相談しましょう。

コメントを残す

必須欄は * がついています